簿記検定2級に独学で挑むあなたを応援します!

HOME » 合格を目指して!簿記2級試験の基礎知識 » 試験の概要

試験の概要

簿記検定2級の試験に関する情報をまとめています。

簿記2級の試験の詳細

毎年60万人以上が受験するといわれている日商簿記検定。その2級試験の概要については以下の通りです。

〈受験資格〉

年齢・性別・学歴・国籍などに関係なく、誰でも受けることができる。4級から1級まで各級ごとに試験が行なわれるが、1級と2級または、2級と3級というように、同日に2つの級を受けることも可能。

はじめて受験する場合でも、4級から受けなければならないという決まりはなく、1級や2級などの上位級からの受験もできる。

〈日程〉

  • 6月検定…第2日曜日
  • 11月検定…第3日曜日
  • 2月検定…第4日曜日(1級は実施せず)

〈実施場所〉

全国の商工会議所および商工会議所が指定した会場

〈申し込み方法〉

申込み受付日時や受付方法は、各商工会議所によって異なるため、試験の2カ月ほど前になったら、受験希望地の商工会議所へ問い合わせ。

受験を希望する地域の商工会議所所定の受験申込用紙に、自筆で必要事項を記入し、指定の商工会議所に持参するか郵送する。

1級のみ写真1枚添付(最近1年以内に撮影したもの。上半身、正面脱帽、無背景。縦4.5cm×横3.5cm。写真の裏面に氏名を記入する)。

※代理人による申込み手続きは可能だが、原則として、受験者本人が記入した申込用紙でないと受付されない。

〈受験料〉※すべて税込み

  • 1級 7,500円
  • 2級 4,500円
  • 3級 2,500円
  • 4級 1,600円

〈持ち物〉

●氏名、生年月日、顔写真の確認できる身分証明書を持参する(小学生以下は不要)。身分証明書がない場合は、受験地の商工会議所へ要相談。

●筆記用具で使用できるのは、HBまたはBの黒鉛筆かシャープペン、消しゴムのみ(色鉛筆、ラインマーカー、定規などの使用は不可)。

●電卓やそろばんの計算器具の使用は可。ただし電卓は計算機能(四則演算)のみのものに限る。