簿記検定2級に独学で挑むあなたを応援します!

HOME » 独学で簿記2級合格! 成功者の勉強法とは? » 楽しみながらの学習が合格力に

楽しみながらの学習が合格力に

独学で日商簿記2級の検定に合格した人の勉強法を紹介しています。

学ぶ喜びが簿記検定2級に合格する原動力に!

簿記3級と2級の試験を別々に受験して、それぞれ80点以上の点数を取って合格することができました。

3級のときは1日2時間の勉強を1カ月半、2級のときは1日2時間半の勉強を2カ月続けました。

DVD講座で勉強をしましたが、先生の講義が面白く、楽しみながら勉強をすることができました。勉強というとどうしても「辛いもの、苦しいもの」というイメージがありますが、面白い講義のおかげで楽しく、モチベーションが高いまま最後まで続けることができました。その結果が、この短期間での合格になったのだと思います。

会計に興味はあったものの、学生の頃から数字が苦手で、はじめのうちは講義を聴いてもわからないことだらけでした。でも、先生のアドバイス通りにくり返し問題を解いていくうちに、少しずつ理解できるようになっていって。そうしていくと、あるときパッとわかる瞬間があるんです。その瞬間が本当にうれしくて。

それに、DVDの講義やテキスト・過去問・対策問題などを、何度も何度もくり返して勉強したおかげで自信がついたのか、本番でも落ち着いて臨むことができました。

「何かをするときには、成功するイメージをもって取り組んだほうがうまくいく」という話を聞いたことがあったので、勉強に行き詰ることがあっても、「ダメだ」とか「落ちるかも」とか、マイナスのイメージを持たないようにしました。

つねに、合格している姿をイメージトレーニングして、さらに、「この年この月の試験に絶対合格する!」という目標を掲げて、目に見えるところに張り紙をすることで、モチベーションがキープできたような気がします。

簿記2級に合格したことで、いままで以上に数字や経済に興味が出てきました。以前はあまり理解できなかった日経新聞の記事も、理解できることが多くなったので面白くなってきましたし、上司や取引先の方との話題も増えて、仕事もますます楽しくなった気がします。

簿記2級検定の合格レポートをもっと見る